【先行予約〜11/17まで】ドメーヌ・ヴィクトール・ソルナン・ボージョレー・ヴィラージュ・プリムール BIO サンスフル2019(完全無農薬/天然酵母/酸化防止剤無添加)

 

完全無農薬/天然酵母/酸化防止剤無添加

 

ヴィクトール・ソルナン・ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2019

 

 

 

 

輸入元 ワインラボ 西浦氏  訪問レポート 2019.10.14

 

 

 

この日はボトリング作業日。

 

 

6万本造るヌーヴォーのうち、14000本をボトリング。 ワイン・ラボ向けのリュットレゾネもボトリング。 ボトリング前のろ過直後の状態のものをテイスティングする。

 

フィルター直後は味が荒く、本来の状態ではないらしい。というのがウソと思えるほど落ち着いている。しっかり主張するのは酸味のニュアンス。トゲは無いのに存在感がしっかり、 ガメイの甘い果実香を引き締め、落ち着きを与えている。 このキュベに、毎年こんな落ち着きがあっただろうか??と思ってしまう。

 

 

ボトリング直後が荒々しいということを加味したら、もしかすると日本へ来る頃には とっても成熟度の高い味わいになっているのでは? ヴィクトールは既にボトリング済。 ボトリングした直後のものを開け、テイスティング。

 

果実味に頼らない不思議なガメイのスタイル。 ジャムっぽさ、甘さは全くと言っていいほど感じられないのにそれでもボディがある。 ぶどうのジューシー感がないのに、「ぶどうの味」はしっかりしている。 飲み干した後の余韻には、まだ酵母がイキイキとしているような発酵のニュアンスが口中に残る。

 

<2019の気候> 全体を通して暑かった。8月前半には心配するほどの沢山の雨が降り、やや水分過多と湿気による病害の心配があった。 が、それから9月の収穫まで全くと言っていいほど雨は降らず、乾燥した風がしっかりと吹き続け、湿気を十分に飛ばした理想の状態で 収穫を迎えることができた。

 

 

 

2018が、果実味の重さ、力強さがキーポイントだとすれば、2019は優しく落ち着いた酸を持った、少し成熟度の高いヌーヴォーか。

 

 

 

では、ワインをご紹介しますね!

 

 

 

ドメーヌ・ヴィクトール・ソルナン・ボージョレー・ヴィラージュ・プリムール BIO サンスフル2019(完全無農薬/天然酵母/酸化防止剤無添加)

 

 

 

ワイン名:ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2019

種類:赤

生産者: ヴィクトール・ソルナン

産地:フランス・ボージョレ

品種:ガメイ100%

容量:750ml

SO2(酸化防止剤):酸化防止剤無添加

価格:3,250円(税抜)

*AOC Beaujolais Villages(クリュ・ボージョレー レニエとモルゴンのぶどうを使用)

*農薬、化学肥料を一切使用しない

*ぶどうの果皮に自然に生息する天然酵母にて発酵

*酸化防止剤無添加

*樹齢50~60年

*コンクリートタンクにて発酵

*例年のテイストイメージ

 

赤果実の香りはやや落ち着き気味、湿った土や木を思わせるウェットなイメージ に立体的な旨みがしっかり感じられるビオ・サンスフル。

 

 

イラストはオーナーの息子ヴィクトール君(当時14歳)がワインづくりを手伝う自分 をイメージして描いたものです

 

 

 

 

11/17までの先行予約で10%割引、3,250円(税抜)→2,925円(税抜)

 

予約購入はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北摂ワインズについて

 

 

Comments

comments