日本人初フライングワインメーカー、『九能ワインズ』の白

 

 

さあ、R18月からシリーズ化しました『アトリエオッペ萩野氏とのコラボ企画!10月のオススメワイン!』第3回。

アトリエオッぺ萩野浩之さんについては、下記リンクをご覧下さい。

 

 

https://hokusetsuwines.com/?p=4850

 

今度は、どのワインで、どのインポーターが紹介されるのか、毎月末届くのが楽しみなトミヅルです。

 

さて、今回の紹介ワインは、

 

サマー スノーフレーク 2017 九能ワインズ

 

現代の“フライング ワインメーカー”『九能ワインズ』中野雄揮氏が造る白ワイン。

フライングワインメーカーって?それ何?って思いました。あまり聞き慣れないので、萩野浩之さんに尋ねてみました。

フライングワインメーカーとは、「本拠地を持たずに、世界中のワイナリーと契約をしてを飛び回る醸造家」の事。

さてさて、疑問が一つ。萩野浩之氏は白ワインと紹介。がしかし、インポーターの資料にはロゼと記載。

多分、見た目でロゼとしたのだと思われます。

 

それでは、いただいた資料に沿って紹介していきますね。

 

 

現代の“フライング ワインメーカー”

『九能ワインズ』中野雄揮
https://kunohwines.com/

 

 

「ワインは1年に1度しか造れない」

 

そんな常識を彼なりのやり方で克服している、若干30歳の若者です。

 

オーストラリア、ニュージーランド、そして日本。

 

北半球と南半球をまたに掛けてワイン造りを行うのが、現代のフライングワインメーカー、京都府相楽郡精華町出身の中野雄揮さん。

2015年にイタリアのトスカーナからワインの仕事をスタートし、オーストラリアの「スモールフライ ワインズ」、ニュージーランドの「ドン&キンデリ ワインズ」そして日本の山形県「グレープリパブリック」と宮城県「ファットリア アルフィオーレ」にて醸造を経験し、現在は「スモールフライ」と「ドン&キンデリ」と「アルフィオーレ」の3つのワイナリーで、それぞれの地域のブドウを使い、『九能(クノウ)ワインズ』という名前で醸造を行っています。

 

『九能ワインズ』は、畑やワイナリーを持たない中野氏がプロデュースする、プロジェクト名ということになります。

 

9月初旬に宮城県川崎町の「ファットリア アルフィオーレ」をブドウの収穫に訪れた時、ちょうど中野さんが滞在していて、収穫から仕込み作業、そして夕食と寮での宿泊まで一緒させていただきました。(笑)

写真を見た時の中野さんのイメージは、豪快そのもの!!

 

 

収穫や仕込み作業の間中もずっと、ワインの醸造を大声で熱く語っています。

しかし彼のワインを飲んだ時、おそらく多くの人が、写真の彼とのギャップを感じると思います。

とても繊細で優雅で、どちらかというと女性的な、「和」を感じるテイストです。

その理由は、畑と醸造所で一緒に仕事をすると分かります。

ブドウを前にした時の彼はとても慎重で注意深く、その状態を見極めながら、仕込みの方法を決めていきます。

今回紹介する「サマー スノーフレーク 2017」は、発酵槽の中に30%の全房のソーヴィニヨンを入れ、その上に除梗したソーヴィニヨンを入れ、3日後に除梗したピノノワールとリースリングを追加するという、ミルフィーユ状にすることで、繊細な果実味や酸を引き出していると思われます。

これは前もって決めておいた方法ではなく、あくまでブドウと対話してから判断していきます。

豪快に見えつつも、繊細で注意深い彼の感性によって生み出されるワインですね。

 

 

それでは、そのワインについて紹介していきます。

 

 

サマー スノーフレーク 2017 九能ワインズ

 

 ワイン名:サマー スノーフレーク 2017 

種類:白(ロゼ色)

生産者: Don & Kindeli Wines

産地:ニュージーランド/ネルソン

品種:ソーヴィニヨンブラン68%、リースリング19%、ピノノワール9%、ピノグリ4%、他

容量:750ml

AL10

SO2(酸化防止剤):無添加

価格:4,200円(税抜)

基本、マセレーション(ブドウを皮ごと発酵)した白ワインなのですが、10%ちょっとのピノノワールとピノグリがブレンドされているため、色合い的には「ロゼ」になります。

果実味も酸味も繊細でエレガントな辛口で、ドレッシングのきいたサラダから、魚&肉のシンプルなグリルに中華やエスニックまでよく合い、イメージがどんどん膨らんでいきます。☆サマー スノーフレーク=鈴蘭水仙

 

 

 

 

 

 

 

ご購入はこちらから

 

 

<輸入元紹介>

『kpオーチャード』 谷上文祥さん
https://www.kp-orchard.com/

岐阜を本拠地とする、オーストラリアとニュージーランドワインのインポーター。

信頼できる自然派ワインのインポーターとしての認知も広がり、どうしても価格帯高めのワインが多いオーストラリアの中で、リーズナブルなワインをラインナップしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北摂ワインズについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments

comments